データとニキビ
ホーム > 糖尿病 > インスリン注射を行っている時には運動にも注意が必要

インスリン注射を行っている時には運動にも注意が必要

治療の方法の一つであるインスリン注射は膵臓が傷を負うことで、きちんとインスリンが分泌されなくなり、外部から注入することで血糖値を基準値にもっていくためのものです。

 

ですが血糖が改善されることで、膵臓がインスリンを作りやすくなり、注射する回数や量を減らすことができたり、内服薬だけの治療が不可能であるとは言い切れません。食器のサイズを小さめに変えて料理を盛ると、少量であっても満足感を得られやすくなります。

ですが、器が大きいものに盛りつけると、料理のカサを増やさないと満足しづらくなるので気を付けてみましょう。食材の調理の際には、できるだけ油の使用を控えましょう。グリルを使ったり、茹でたり、ふかし器で蒸す料理法にチェンジしてみるのがお勧めです。

 

 

適当に食事の量を減らしさえすればいいという楽な解決法ではありません。1日の運動や行動に適したエネルギーは体格や活動量によって人によって変わります。

 

すなわち、自分に合った総エネルギー量を計算して毎回食べている量が自分にとって最適なエネルギーよりも取り過ぎていないかをを理解している必要があります。そのまま放っておくと症状は進んでしまい、目に合併症が起きる可能性もあります。

 

 

 

目の合併症で多く起こるのは糖尿病網膜症というもので、初期に症状が出ることは殆どなく気付きにくいのが特徴になっています。

 

 

ですが症状が進むことで真っ直ぐの物が歪んで見えたり、視野に黒い点が見えたり、視力の低下など、最悪の場合には失明してしまう危険があります。

糖尿病の発病は、体が求めている以上に過剰な食事量をとっていたために腎臓が処理能力の限界に達したということです。

そのため、糖尿病を治癒させるには、これまで続けていた食生活を改善し、正しい食習慣を身に付けなければいけません。

栄養バランスを考えるのも然り、摂取カロリーを計算しておくことも必須です。糖尿病腎症になることで腎臓で尿を作る機能が低下し、人工透析を受けないと老廃物や不要物を体外に自力で排出できないことで、命を落とすことになってしまいます。そのため、糖尿病腎症になってしまったら、毎週2回~3回くらい医療機関へ行って人工透析を受けるという生活サイクルが続くことになるので、大きな負担が日常生活に発生することになります。

 

 

合併症の中で足に発生する代表的なものは、血流が悪くなり、体の神経が鈍くなってしまう糖尿病神経障害というものです。

 

 

 

糖尿病神経障害では足に痺れ、違和感が気になったり、ほてり、ふくらはぎの痙攣といった症状が感じられるようになります。また、足の感覚が鈍くなるため、足を痛めやすくもなりますし、足がつりる事が増えるようになります。血液の中に糖分の濃度が高ければ尿量が増えトイレの回数も多くなります。

 

 

また通常では体内にあるべき水分が尿として放出されるため脱水状態となり喉の渇きが気になる様になります。

また、エネルギー源である糖が活用されないことにより食べても食べても痩せてしまったりお腹がすく感覚が続いたり、全身のだるさや体重が減少などの症状がでてきます。

 

 

喉が渇くという糖尿病の症状を抑えるためには、糖分の過剰摂取を控えることと、食後にウォーキングや散歩などの軽い運動を行って摂取した糖分を早めに体内から排出することが有効です。ですが、インスリン注射を受けていたり血糖値を下げる薬を飲んでいる場合には、低血糖を起こしかねないので、医師と相談をしてから運動を開始するようにしましょう。普段の生活を活動的にすると糖尿病の予防・改善に効果が期待できます。

10分間だけでも体を動かすようにして運動しましょう。

わずか10分という短い時間でも、1日の合計にするとそれなりの時間になるものです。

他にもエレベーターは使わないで階段で行く、車は最寄りの駐車場より離れた駐車場に停めて、できるだけ徒歩で行くようにすることで効果が上がります。オリゴ糖の血糖値や糖質制限に対する効果