データとニキビ
ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素!

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素!

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活から改めるのも一つの手かもしれません。卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、食生活が良くないのを放置していると、受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、あまり期待できないでしょう。

 

妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。規則的で栄養バランスに配慮した食事を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。

 

妊活中の女性に対して、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

 

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

 

胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

 

「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。

 

なぜなら、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。この話は当然、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を心掛けることをお勧めします。

 

男性不妊 サプリ ランキング