データとニキビ
ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸の多い食品を積極的に取り入れる!

葉酸の多い食品を積極的に取り入れる!

妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

 

ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。

 

理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると1日あたり0.4mgとなっています。

 

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

 

野菜だけで十分に摂取できるかというと、葉酸不足の心配もあります。

 

ですので葉酸サプリを利用することをお勧めします。

 

妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居るのではないでしょうか。

 

ですが、葉酸というものは熱に弱いため加熱調理してしまうと、どれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。

 

葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。

 

妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。

 

妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、妊活中の女性にも胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという事ですので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。

 

葉酸 妊活 いつから