データとニキビ
ホーム > 葉酸サプリ > 妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると?

妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると?

妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、葉酸だけを摂っても不十分です。

 

葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。

 

ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

 

目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、妊娠を計画している女性はサプリの利用を考えてみてくださいね。

 

妊活中の女性に対して、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

 

そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

 

ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

 

一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といったいわゆる青菜のものが多いです。

 

赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、先天異常の発症リスクが抑えられるらしいのです。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をオススメしたいです。

 

あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。

 

妊娠中 葉酸 サプリ いつまで